不動産投資で相続税対策を!不動産投資が相続税対策になる理由とは?

不動産投資で相続税対策を!不動産投資が相続税対策になる理由とは?

Kandaアカデミーは、東京や大阪、福岡で不動産投資に関するセミナーを開催しており、参加者全員が着実な資産形成ができるよう指導しております。こちらでは、不動産投資が相続税の節税対策となる理由などを解説していますので、東京や大阪、福岡で不動産投資をお考えの方は是非ご覧下さい。

相続税の評価額はどのように算出するのか?不動産(土地)の相続税評価額について知ろう

相続税の評価額はどのように算出するのか?不動産(土地)の相続税評価額について知ろう

まず、不動産における相続税評価額を知る前に、相続税額をどのように算出するのかを把握しておく必要があります。相続税額の計算方法は、(相続する財産の総額-基礎控除額)×相続税率で求めることが可能です。では、なぜ不動産投資が相続税対策につながるのかを知るため、それぞれの項目について詳しくチェックしていきましょう。

相続する財産の総額とは?

相続税を計算する時に出てくる財産とは、プラスの財産と言われる「現金」、「生命保険」、「土地」、「株式」などの評価額の合計から、マイナスの財産と言われる「税金」、「借入金」、「買掛金」などの合計を差し引くことで求めたものです。預金や現金は時価で評価されますが、不動産の場合は時価ではなく下記のような基準で評価されます。

土地の評価

土地が市街地にある場合は「路線価方式」、それ以外の場合は「倍率方式」で評価されます。路線価方式では土地に面した道路の路線価に対し、土地の面積を掛けることで計算します。一方、倍率方式は路線価が定められていない土地に対して使用される算出方式で、その土地の固定資産税評価額に対し、土地と地区の種類ごとに定められている倍率を掛けて算出します。

相続税に関するメリット!不動産投資が相続税対策になる理由について

相続税に関するメリット!不動産投資が相続税対策になる理由について

不動産投資としてアパートやマンションなどの建物を購入した場合、相続税評価額は「建物の相続税評価=建物の固定資産税評価額」となります。この場合の固定資産税評価額は、建築費用のおよそ50%~60%になることが多いとされています。

つまり、1,000万円の建物を購入すると相続税評価額は多くても600万円という計算になり、現金だけを相続する時と比べて400万円近く低くなるという計算になるのです。また、建築した建物を賃貸用にすると、借りている人に借家権というものが発生するため、相続税評価額をさらに下げることが可能です。

東京で不動産投資に関するコンサルティングや知識・スキルが学べる不動産アカデミーをお探しの方はいらっしゃいませんか?東京で不動産アカデミーをお探しの方は、Kandaアカデミーのセミナーに是非ご参加下さい。Kandaアカデミーは、東京や大阪、福岡といったエリアで少数精鋭による不動産投資について学べる実践セミナーを開催しております。

投資初心者の方にとっては、不動産投資におけるリスクや利回りなど、分からないことや不安なこともあるでしょう。Kandaアカデミーは、そうした不動産投資が初めての方でも、一棟マンションを持てるよう、様々な経営ノウハウを惜しみなくお教え致します。東京や大阪、福岡で不動産アカデミーの不動産投資ノウハウを学びたいとお考えの方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

お役立ちコラム

東京の不動産アカデミーをお探しならKandaアカデミーへ

名前 株式会社苅田アカデミー
住所 〒 802-0077 福岡県 北九州市小倉北区馬借一丁目
電話番号 080-6220-0036(電話での受付は行っておりません)
ホームページURL http://superfudosan.net