Information(ブログ)

2017.03.31 (Fri)  17:52

BLOG【野立て太陽光の取り組み】

ダイマル太陽光2.jpeg

 【写真:苅田の保有物件上の50kW太陽光発電施工途中】

 

◆アカデミー会員さんから、 野立て太陽光について、質問がありました。

建物上および野立て太陽光ですが、一般のアカデミー生に対しては、 2017年現在は投資対象外としています。何故なら、売電価格が低下しており(今は20円台ですね!) 収益物件と同じスタンスでの投資対象としては、良い案件を探すのが難しいからです。

しかし、今回ご質問のあった案件は、数年前に認可された案件で、 売電価格も高い頃の案件ですので、このように限定された好条件では前向きに検討することも良いでしょうまた、中古市場も活発化している傾向もあります。 よって、純粋に収益性(利回りなど)で、まずは1次判断しましょう。 その後、色々精査していくという形でしょうか?

 

◆苅田の導入実績

・保有物件の屋上太陽光で、5基ー135kW

・野立て太陽光(福岡県内)で、3基ー150kW

を2013年から2015年にかけて、導入済みです。 フルローンで、融資期間は平均で12年です。

いつものことですが、減価償却期間より5年位短いです(^.^) ということは、13年目から20年目まではキャッシュがザクザク?? いえいえ、13年も経過すると、パネルの変換効率も落ちて、パワコンの更新なども必要になりますので、良いことばかりでは無いです。

特に昨年2016年は、冷夏だったようで、試算よりもCF実績は悪いです。

太陽光に関する、最新の情報や制度はあまりウオッチできておりませんが、 私の場合、野立て太陽光(3基)はフルローンでグリーン投資減税で 100%償却をとっていますので、2年目以降はCFはトントンで良いと 割り切っており、実際それに近いレベルです。

ちなみに38~40円の売電価格で、

・野立ては、50kWー20~22百万円で購入。

・建屋上は、50kWー14~16百万円で導入。

建物上がやすいのは、土地代が不要だからです。 初期の先行者利益段階でいち早く導入していますので、 グリーン投資減税利用で、100%減価償却後も利益は出ています。

 

◆太陽光(野立て)で検討すべき項目と内容 列記してみますので、参考にしてくださいね。

<購入前の現地調査>

 収益物件と同様に、必須です。日当たりはご自身で確認しましょう。場所の形状(地震リスク、傾斜地なら地盤崩壊リスク)も確認しましょう。

<購入前の業者の信用調査>  

これは本当に必須です。太陽光は、かなり業者が倒産しました。苅田の野立て2基も最初の営業会社が倒産して、施工会社が引き取って運営してくれています。

<業者のメンテ費用>  

かならず、収支計算に入れることです。毎月の定期点検や草刈り費用が結構かかります。

<パワコン更新が必要>  

一般に20年間に1回(12~15年ほど経過時点で)更新が必要と言われています。本体一式と工事費用を収支計算に入れておきましょう。

<消費税>  

新規法人の購入と仮定すると、初年度に本体の消費税は100%還付可能です。売上規模にもよりますが、課税業者で消費税はニュートラル(もらって出ていく)になります。CF計算での注意点ですね。

<基礎工事を確認>

スクリュー方式(地面に杭を打ち込む安価工法)は、パネル沈下の可能性が高いので、おすすめできません。コンクリベタ基礎(草刈り費用不要)、または部分的なコンクリ基礎(草刈り必要)、がお薦め。梅雨時や大雨時の排水工事や排水の考慮がきちんとなされているか、確認してください。

<パネル>  

中国製パネルは品質が怪しいので、要確認。苅田の3基はいずれも国産です。パワコンもすべて国産です。国産以外は投資しない方針でした、知り合いの太陽光業者から、中国製パネルの数年後の品質劣化を聞いていたので、慎重です。現時点は、太陽光導入後しばらく経過しているので、実績も出ているはずなので調べてみてください。

<減税制度>  

最新状況は把握できていませんが、なにか利用できるものがあれば利用すべきでしょう。

<減価償却>  

定額と定率、これもどちらの適用とするのか、税理士などとも事前検討してみてください。20年持ち切りではなく、途中で中古太陽光市場  での売却もあり得るので、これも考慮。実際、中古の太陽光市場は水面下ですが、結構活発なようです。

<20年終了後の措置>  

私の3基は、20年後はメンテ業者に無料譲渡出来る契約になっています。20年先なので実際は契約に入っているからと言って、どうなっているか不明ですが、一応これで切りよく手離せることになります。引き続き、運営することも勿論可能です。パネルは20年でも、多少効率は落ちると思いますが、基本性能は全然大丈夫です(国産の場合)。