Information(ブログ)

アカデミードリプラ.JPG

【第7期苅田アカデミー募集 最終の御案内】
 

◆5月28日の福岡セミナーで、4月~5月の超速不動産投資セミナーが無事終了しました。

延べ約100人の方にご登録頂き、約50名の方にリアルセミナーにご参加いただきました。
本当にありがとうございます。


最終日には、チャレンジとして英語でセミナーを行いました。
その結果、外国人のご夫妻にも参加表明を頂き、対応が実ったという安心感で、清々しい今日の朝を迎えました。


一方、セミナー参加率は50%という低い出席率でしたが、約20名の方に苅田アカデミー第7期への参加表明を頂いています。
実は、昨年2016年度の第5期生では、同様な形で募集させて頂き、約40名の方に参加いただきました。

今年の2017年度の第7期生では人数が半減となっていますが、これは敢えて入会人数を抑える方針でセミナーを準備したからです。

2016年度は率直に言って、どのような属性の方でも、どのようなマインドの方でも、受け入れしました。
そして、結果は・・・・1年間、学習と実践を完結された方は約半数の20名でした。

教える側としては、とても残念でたまりません。何らかの理由で途中卒業される方は、問題無いのですが、

・有力物件を紹介した直後に退会・・・
・秘伝の◯◯◯◯法を教えた直後に退会・・・
・数ヶ月音沙汰なく、退会・・・

というような、投資家として本当に恥ずかしい行動が目立ちました。


◆さて、気を取り直して・・・

第7期生は、1年間我々とともに、成長を目指して前進できる会員さんを厳選したつもりです。
その結果、東京と大阪では、定員割れとなっています。逆に福岡では、定員オーバーとなりました。*
*苅田の地元で入会基準が甘い訳ではありません、念のため。

よって、以下の人数を緊急募集いたします。

<苅田アカデミー第7期:追加募集人数>
・東京2名(定員10名に対して現状8名)
・大阪2名(定員5名に対して現状3名)
・福岡2名(定員5名に対して現状8名⇒定員を10に増加します)

ご興味のある方は、5月31日までに、ご連絡をお願いします。
mail@kandakazuya.com 宛


注意点としては、上記定員割れの中には、お申込みをして、現在入会を検討中の方も数名、いらっしゃいます。
この方々がすぐに入会表明してくるケースもございます。その時は、追加の受付は出来かねる場合がございます。

会費ですが、入会を前提で真剣にお問合せ頂いた方にのみ、個別にご提示をさせていただきます。
会費が高額で参加断念という方もいらっしゃいましたので、分割支払メニューも、個別にご提案させていただきますね。

その際ですが、無制限に受け入れる訳ではございませんので、簡単なアンケートに返信頂いた後に、入会内容をご提案させていただきます。
アンケート結果により、入会をお断りするケースもございますので、この点も、あからじめご了承頂ければと思います。

また、昨年までは、秋の追加募集をしておりましたが、2017年は今回の春の募集のみの予定です。
次回募集は、2018年の春の8期生となる計画です。

これは、今回の7期生、および1~6期生のさらなる飛躍に向けて私及びアカデミーの運営側が一丸となって、

現役の会員さんが成功するために1年間、カリキュラム作成や実践指導に集中するためです。


【第7期苅田アカデミー募集 最終の御案内】
  ↓↓↓
http://superfudosan.com/optpage/academy/7ki-thanks/





◆さて、今後7期生に向けたカリキュラムの編成作業に1週間、集中します。

7期のキャッチフレーズは
(1)自己開放
(2)スタートダッシュ
(3)5期超え(5期の成果:30棟ー50億円)
と決まりました!


地元に帰還すると、待っていました!とばかり、本当にタイムリーに複数の地方銀行から連絡が来ます。

いつもの打合せをお願いしますということですが、中身は大概のところ、

・・・取組み中の収益物件ありませんか?(融資したい、他行に取られたくない)・・・・
・・・投資信託、どうですか?(手数料がほしいのですな!)・・・
・・・外貨預金、どうですか?(米国利上げで、金利高くなってきた?)・・・
・・・法人カード、作成お願いします!(面倒なだけ、ですけど)・・・

などなど。
まあ、支店長や上司が交替したので、挨拶してくれ!ということが今回の主目的のようです。
銀行トラップに引っかからない様にします(笑)。