Information(ブログ)

2017.06.16 (Fri)  17:59

BLOG【ハイブリッド投資法】

gazou12.png

 

■2017年後半から・・・再び株式市場で、”真剣”に遊ぶ事にしました。

ただし、今回はのんびりとスイングトレード主体になります。

思い起こせば、2015年後半から、デイトレードでビギナーズラックも加わり、

わずか約3ヶ月で4百万円の利益を確定させましたが、・・・・

そうそう甘い世界が有る訳はなく、信用売の損切りを強要され、

残った含み損は今でもネット証券の画面に重くのしかかっています。


しかし1年半の月日は、株式市場で完全破壊されたマインドを癒やし、

再び立ち上がる勇気を持つには十分な時間でした。



■再開の狼煙として・・・

スイングトレードとして仕込んでいた個別銘柄にて、
3百万円の利益を確定させて、さらに元本も回収。

デイからスイングへの変更は、銘柄選定から
利益確定までの考え方など、全てを大幅に変えないといけません。

しかし、1年半のイメージ学習で思考法がクリアになっていますので、
銘柄選定を予定どうり実施して・・・。


翌日(本日)の確認では、地合いが良かったこともあり、
いきなり3銘柄で、31万円の含み益で終了。

デイトレでは、さっさと利益を確定させる訳ですが、
まだまだ上昇する余地が十二分にあるので、暫くは寝かせます。


今日一日ウオッチしていて、後場で一時的に50万円超の
利益確定の誘惑にも耐えて、順調なスタートをきりました。

今後は、1週間に数回程度の定期点検で済むはずです。
デイトレのように、日々市場に張り付く必要はありません。

今後はさらに資金を上乗せして、仕込みを増やしていきます。
色々な注意点を精査しながら。



■苅田流【ハイブリッド投資】とは・・・

現物不動産の賃貸経営からの月々のキャッシュ・フローを
株式や投資信託で運用して、「資産を1年間で倍増」していく、

ということが最終的な目指す目標になります。

投資信託での運用が比較的安全ですが、この方法では1年間で
せいぜい20%~30%(物凄く上手くいって)の増加に留まります。

大家業での税金支払対策としては、実はこれはこれで
十分なのですが、爆発的資産形成を目指す投資家としては面白くない。


ということで、個別銘柄の株式投資へも資金を投入していきます。
もちろん、この段階で危険度はぐっと上がります。

そこは経験とマインドで乗り切るわけですね。
かつ、損切のルールも設定して、自ら研鑽していくことも必要です。

正に修行そのものです。
何事にも安易な道はありません。



■追記

ハイブリッド投資法は、苅田アカデミーの2年目のカリキュラムに
今年から盛り込んでいきます。

1年目の王道の不動産投資法をマスターした卒業生だけが
このハイブリッド投資法の真髄に触れることが出来ます。

実は、2016年の1年間は、破壊されたマインドを癒やしながら、
ただただ・・・じっとしていたのではありません。

毎月93万円のキャッシュ・フローを市場で運用(再投資)して、
28百万円の元本を43百万年まで増やすことが出来ました。

この結果についても機会があれば、いずれ公開しようと思っています。