Information(ブログ)

2017.06.19 (Mon)  18:48

BLOG【国内投資と海外投資】

gazou5.png

 

■先週から再開した、<国内>ハイブリッド投資法・・

本日も日経平均が2万円を超えて、どの銘柄もほぼ上昇。気分が良いです・・・。

 

当方のスイング株3種も、あっという間に仕込みからのトータルの含み益が数日で50万円を超えました。

一旦、上昇トレンドを掴むと、「含み益」⇒「余裕(買増しも)」⇒「利益確定に安全幅」、という好循環になります。

 

逆に含み損となると、難平買いに走ったり(過去)しますが、今回は、明確な損切ルールを設けたので、自分自身に非情になってバンバン、切りたいと思っています。

 

スイングでは本当に見ているだけで、手持ち無沙汰です。・・・ということで、2年ほど仕込んであった投資信託2種を半分づつ解約して、資金を株式の方へ回すことにしました。

 

 

よってこれまで、

・投信4 対 株式2(内1は含み損で固定)

でしたが、スイング3種で株式1の資金が一杯一杯なので、

・投信3 対 株式3(内1は含み損で固定)

とします。

 

新たな株式1の資金で2~3種、新規に仕込もうと思っています。さて、どれを仕込むかが、本当の勝負どころ。

当面は地合いが好調なので、現物買いだけで行きますが、下降トレンドになったら、信用売りも考えなくてはいけません。

目標は、1年間で資産(投資分)の倍増です!!!

当然危険性も増すので、資産目減りも想定内にしておきます(笑)。

 

 

■さて、<海外>投資は、・・・・まだ全く手付かず、というのは、やや間違い。

 

米国の株や債権、東南アジアの株式を運用している投信をづっと保有し続けています。

もちろん、日本株や米国リートの投資もやっていて、完全分散。何事にも、分散はMUSTです!

この分散効果で、日本株やリートの投信は駄目ですが、米国の株や債権の投信は絶好調です。

 

まあ、投信はドルコスト法でやっていけば、そこそこ資産は増えて、大損の可能性は少ない訳ですが、この手法も手持ち無沙汰です!

それと上手くいっても、年間で20~30%程度の資産増加なので、レバレッジを効かせた超速不動産投資家としては物足りないですね。

 

 

■実はパートナーの証券口座へのアドバイスも実施中。

 

某◯◯株で、大きな含み損をさせてしまっているので、今回のハイブリッド投資法の推奨名柄を並行して少額でやってもらっています。

この口座でも既に、10万円の含み益が出ています。含み損解消には、あと10倍の含み益が必要!!!

 

この意味でも、今回は【絶対に資産を減らさない方法】ということも、常に意識して実践していきます。

ということですが、狙いはもう一つあって・・・このハイブリッド投資法ですが、少額口座の実践は、上手く行けば苅田アカデミーの2018年の

カリキュラム化への予備実験ということにしています。

 

 

1棟不動産投資では、最初に自己資金で1千万円は欲しいですが、本業からの貯金では、なかなか足が遅いですね。

これを、一気に準備できることも目標設定にしています。

収益物件からのキャッシュ・フローを回すだけでなく、不動産をスタートするための錬金術も兼ねている訳です。

さて、目論見どうり上手く行くか否か、定期報告していきます。