Information(ブログ)

2017.08.04 (Fri)  13:28

BLOG【伸びる投資家の素養】

fuji.JPG

■不動産投資でも、スポーツの考えと基本的に同じだと感じています。

自分のスタイルを確立して、その道一本に集中していく。・・・ひたすら成功するまで・・・

しかし、その前に守るべき基本がいくつかあるのです。当アカデミーではその基本を徹底して伝授します。

 

でもでも、なかなか身につかないのですね。いろいろ試行錯誤して、失敗していく過程で理解し、身についてきます。

2年目に飛躍する会員が多いのは、2年目でアカデミーの本質的な教えを本当に会得するからなのだと思っています。

伸びる投資家は、2年目3年目でようやく判明してきます。

苦しんで苦しんで、その中から本質的なことを理解し、実行に移せるからです。

 

逆に、高属性の会員で、2年目以降に伸びない原因は、本質的な教えが身についていない事にあります。

このような方は、1年目の物件取得は、大変申し訳無いですが、ビギナーズラックと捉えるべきです。

 

■最ここ1~2ヶ月、積極的に買い付けを行っている会員さんに

アドバイスしている共通の”普遍的内容(原理原則)”の一つを伝授しておきましょう。

 

*************************

収益物件の場所は、3大地域に限定してください。

(1)住居地

(2)勤務地

(3)実家のある地域

上記以外の地域では、いくら収益性が良い物件でも無視してください。

取り組むべきではありません。

*************************

 

理由は、アカデミーのカリキュラムにしっかりと記載しています、ここの部分は、賃貸経営の超本質的な重要事項の一つなのです。

最終的に伸びる投資家を目指すなら、”原理原則の中で”、ひたすらご自身の投資スタイルを洗練させて、磨きに磨いて、

誰からも追従出来ないくらい、その道の1強を目指してください。

 

人は、考え方が一人一人異なるように、だれからもマネ出来ない領域を持っているはずです。

それを、不動産投資というフィールドで全開すれば、おのずから成功の道は、開けるはずです。

 

くれぐれも、”原理原則”の中で・・・・

グッドラック!!!

 

<<編集後記>>

苅田アカデミーも7期生の学習が進んできて、一部の高属性の方では、物件取得に積極的に取り組む段階になってきました。

また、8期生もこじんまりと募集を開始しています。

今日は、伸びる投資家の素養について考えてみましたが、その過程で過去の思い出も・・・

 

■私は高校の授業の時に、剣道を選択しました

(当時は剣道と柔道のいずれかを選択しなければいけませんでした)。

少しづつ、剣道らしき事ができた来た頃に、小学生から剣道を習っているという友人にアドバイスをもらいました。

 

そのアドバイスとは・・・

「面をトコトン、練習するように。コテとは胴は、練習する必要は無いよ!」

いろいろなワザを練習したい頃でしたが、友人のアドバイスに沿って、面をひたすら練習・・・

 

その結果、1年後の最終授業の試合では確か、3人を連続に面で抜いて、(4人目には胴でやられましたが・・・)2級か3級の賞状をもらいました。

この時に、友人のアドバイスの意味が”ハッと”判りました。

 

■中学時代は、卓球部に所属していました。

ペンホルダーでしたが、同僚に強い2人がいて、私は3番手でした。

中学3年の時に地方大会に団体優勝して、県大会へ出場したのですが、その地方大会では、なかなか勝てませんでした。

 

でも、団体優勝を決めた時の個人で1勝した時の印象は強烈です。

団体の個人戦、上手くいかずに、あと1セットで敗退という時に、監督に混じって、先輩の社会人の応援の方から、

「お前は、ドライブ一本で行くように!」

というアドバイスがありました。

 

この時も”ハッと”気がついたのです。

これという武器に全身全霊を傾けること、それが出来る準備が出来ていること・・・そして、やりきること。

当時、卓球というスポーツは、”心臓を強くするスポーツ!”と言われていました。

如何に無心になって、勝ち負けを超越したマインドになれるか、なのです。

 

”ドライブ1本”という骨格を得た私は、本当に勝負のことは忘れて、これまで中学校3年間で練習してきた持てる力を”ドライブ1本”で発揮することに集中し、ゾーンに入ってしまいました。

そして・・・逆転勝ちました。

団体県大会へ進むための大きな1勝でした。