Information(ブログ)

ヴイラ.JPG

サラリーマン投資家、一般投資家へのメッセージです!

 

首都圏のシェアハウス破綻問題に代表されるように、一時のブームと特定の金融機関の

ゆるい融資に依存した不動産賃貸経営は本物ではありません。

 

この影響で、良識的な金融機関は、一般投資家への不動産資金を絞ってくるはずですが、

この時こそ「王道の不動産投資法」の出番が来ます。

 

金融機関の目線からみて、収益性のすぐれた不動産の経営を行うという事業を堂々と提案していくことで、

不動産投資を本当に理解している人への融資の扉が開かれるはずです。

 

 

日本だけが低金利政策を継続していることも、大きなチャンスです。

 

不動産の利回りが、昨年対比で約1%程度上昇しており、

金融機関からみても融資できる物件は増えています。

 

いつの時代も、物件収益性と金融機関の融資姿勢を総合的に把握し、

王道の不動産投資をしていけば、資産家への道は開いています。