Information(ブログ)

2018.08.24 (Fri)  09:00

四国の物件調査の教訓


■お盆の少し前に高松の物件調査を行いました。
兵庫の自宅からの日帰りです。

行きは、明石大橋と鳴門大橋を経由するルートで、
何と2時間と少しで高松市の中心街にやってきました。

久々の一発リタイア物件候補(年間CFが1千万円超)だったからです。
ワンコは熱中症が怖いので、自宅でお留守番でした。


調査の結果、物件は問題なし、やや郊外で戸建ても多く、
大手スーパーも隣接の好条件です。

需要バランスの調査は今後行っていきますが、
予想以上に良い物件でした。


高松市は、街が広々という印象でした。
港周辺の市街地には、整備された公園や

タワーマンションと見間違うほどの市役所もあり、
活気がみなぎっていました。



■さて、ここに来たということは、・・・
ということで、物件調査のあと、うどん屋にやってきました。

某老舗の本店に到着しましたが、ちょっと様子がおかしい・・・
2~3名のお客様がうどんを啜っていました。

しかし、同行者が気が付きました!
暖簾が下がっている!


そうです、お店の方に終了しました~!
と言われて、大残念会です。

16時を10分ほど過ぎていました。

気を取り直して、もう一軒訪問しましたが、
既に閉まっていました。

さらにもう一軒、幹線道路沿いに大型専門店を見つけましたが、
何と!営業時間が8時~15時との表示。


では、帰りにパーキングサービスのうどんを思いましたが、
帰りは瀬戸大橋経由で・・・となりましたので、

うどんから海鮮丼にターゲットを変更して、
帰路につきました。



■瀬戸大橋は、実は、開通の日に通過して以来2回目です。
途中の島のパーキングサーピスに寄り、海鮮丼を探しました。

おっと、うどんの専門店がありましたが!
ここも16時(平日)に閉店でした。

しかし残念ながら、海鮮丼がありません。
レストランメニューも、他の名物料理が並んでいました。


気を取り直して、ソフトクリームで疲れを癒やして、
自宅に一直線。

地図上では、淡路島経由と同じような距離ですが、
実は3時間弱、かかりました。

結構疲れた一日でした。
そして、食べ物に恵まれない一日でした。



■でも、この状況を吉をとるか、凶ととるか、
それは、実はあなた次第なのです。


・「高松とは縁が無かった」と思って、
 断る理由を見つける人が実はとても多い。

 初級者ほど、このマインドになる傾向がありますが、
 いつまで経っても物件が買えない方々です。


・私みたいに、「また、うどんや海鮮丼を食べに来なさい!
 という神様の思し召し!」と思う人は、前向きマインドです。

 今回の物件かどうかは、神のみぞ知る!ですが、
 いつか、四国の物件が買えるでしょう。


そうなのです。

断る理由、進めない理由を見つけるのは、
本当に簡単ですが、それでは何のための人生なのか?

執念をもって、なんとしてでも物件をGETスル!
という気迫を生み出すためには、都合の良い楽観マインドが良いですね。

初心者は、このような超楽観マインドの物件調査行動を
最低10回は行ってください。

そのうち、神様からのご褒美が必ず来ます。



■苅田は、いつも超楽観マインドです。

でも、サラリーマン時代は、周囲の影響で
超慎重派だった様です。

独立して5年が経過し、本来持っていた
楽観マインドが花を開いた結果、今の自分があるかもしれません。

また、論理的なようで最終的には情緒的に判断することも多いです。
これも、本来持っている性格かもしれません。